TOKYO LITTLE JOURNEY PHOTO REPORT

Kingston Rudieska初来日公演!!
TOKYO LITTLE JOURNEY 2014 photo report(photo by D, Naoko Miyauchi)

2014年8月31日、夏の終わりを告げるこの日、渋谷club asiaにてThe eskargot milesが主催するパーティー「TOKYO LITTLE JOURNEY 2014」が開催された。この日初来日となる韓国のNo.1 SKA BAND、『Kingston Rudieska』をはじめ、『Oi-SKALL MATES』『COOL WISE MAN』『The eskargot miles』という日本のSKAシーンの重要バンド、そしてオープニングアクトとして若手SKAを代表するBAND、The KingstompersがLine upされ、会場はSKAファン達の熱気に包まれていた。

オープニングを飾ったのはThe Kingstompers。
今夏に初となるCDを全国リリースし波にのっている彼ららしく、代表曲である「from Jamaica」や「君がいないと」はもちろん、ニューアルバムから「One day for One life」などをプレイし、会場の温度をグイグイ上げていく。

DJ・TOP DOCAのプレイの後、登場したのはOi-SKALL MATES。新曲も多数飛び出し、会場はSKAダンスの渦、渦、渦!オーディエンスのボルテージが早くも爆発した熱狂のステージを展開した。

ここで過去三度も再刊行されたSKAファンのバイブルである「BLUE BEAT BOP!」の著者である山名昇がDJで登場!彼のプレイを目撃しようとオーディエンスはもちろん、DJやミュージシャンまでブースの前に押し寄せた。

この日の総合MCを務めるMartin Kinooの呼び込みで、次に登場したのは結成20周年を迎えたCOOL WISE MAN。
今の日本のSKAシーンの第一線を走り続ける彼ら。貫禄のステージにオーディエンスの熱気は最高潮へ。

登場を待つオーディエンスをこれでもかと盛り上げたのは若手No.1との呼び名も高いDJ 梅ヶ迫潤。
拘りぬいた珠玉の選曲で初日本公演となるKingston Rudieskaを迎えうつ。

そしていよいよスペシャルゲスト、Kingston Rudieskaが登場!
彼ら自身も日本のSKAシーンに多大な影響をうけたこともあり、日本での初公演に対しての強い意気込みや気迫が感じられた。彼らは自国では初のSKAバンドであり、パイオニアである。それゆえに生まれたであろうオリジナリティや新鮮なエンターテインメント性に日本のオーディエンスもぐいぐい引き込まれていく。一番の盛り上がりをみせた「onulbamun」はKeith & Texの大名曲「stop that train」のカバーであり、独自に韓国語の歌詞をつけ、キラーチューンと呼ぶにふさわしい素晴らしいアレンジでプレイされていた。
この日を記念して発売されるThe eskargot milesとのスプリット7インチに収録されるようなので是非チェックしていただきたい。
http://galactic.shop-pro.jp/?pid=81636779

日本屈指のコレクターであるDJ楠本千尋が会場のオーディエンスを煽るなか、この日のオオトリとして登場したのはこの日の主催であり、次世代のSKA BANDを牽引する存在であるThe eskargot miles。この日共演したOi-SKALL MATESやCOOL WISE MANという日本の先輩たちをみて育ってきた彼らが、この日のオオトリにふさわしい素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。
中盤でプレイされた「Jindo arirang」は先述したスプリット7インチに収録された楽曲。
http://galactic.shop-pro.jp/?pid=81636779

韓国の伝統民謡である珍島アリランを強烈なインストSKAナンバーにアレンジ。
彼らのKingston Rudieska、そして韓国の人々に対する深いリスペクトが感じられた。

アンコールではこの日出演したバンドの面々がステージに集結。
日韓のSKAアーティストによる名曲「Occupation」の大セッションが繰り広げられた。

元Determinationsの巽朗も飛び入るなど大盛り上がり。

興奮冷めやらぬオーディエンスの声をうけ、ダブルアンコールで再度日韓のSKAアーティストがステージに現れ、最後の一曲としてプレイされたのはWARの「Why can’t we be friends?」。
日韓のアーティストが一緒にこの曲を歌う姿にその場にいた全ての人が大きなメッセージを受け取ったことは間違いない。

音楽を持って国境をなくしていく彼らの姿に胸が熱くなった。

大感動のステージが終わり、帰路につくオーディエンスのすがすがしい笑顔がこの日の大成功を物語っていた。

Share on Facebook